トップページ>入園・入学

幼稚園

町立一戸幼稚園の入園手続き

幼稚園概要

  • 名称 : 町立一戸幼稚園
  • 定員 : 3歳児、4歳児、5歳児の3学級80人
  • 保育時間 : 8:30〜15:00
  • 電話 : 0195-33-2764

申請、届出人

入園を希望する幼児の保護者

受付期間・受付場所

  • 期間 : 平成28年12月13日(火)〜15(木) 9:00〜13:00
    (※毎年12月中旬に募集)
  • 場所 : 町立一戸幼稚園(当日は、必ず親子でお越しください)

平成29年度募集人数

  • 3歳児(平成25年4月2日〜平成26年4月1日) : 20人
  • 4歳児(平成24年4月2日〜平成25年4月1日) : 若干名
  • 5歳児(平成23年4月2日〜平成24年4月1日) : 若干名

手続きに必要な書類など、持参するもの

  • 入園願書(一戸幼稚園にあります)
  • 住民票謄本(世帯全員が記載されているもの)

保育料について

保護者の所得やきょうだいの年齢などにより決定します。

入園許可通知

入園時の保護者に後日通知

その他

保育料のほか、給食費、文房具費などが必要となります。

問い合わせ先

町立一戸幼稚園 電話:0195-33-2764

一戸町教育委員会 学校教育課 学校教育係
  電話:0195-33-2111(内線502)

保育所

保育所の入所要件

保育所に児童を入所できる方は、保護者(父母、祖父母など)が仕事(求職中の方も含む)や病気、その他の理由で児童を家庭で保育できない場合に入所できます。

保育所概要

保育所名 定員 保育
時間
延長
保育
乳児
保育
一時
預かり
電話
一戸保育所 45人 7:00〜
18:00
19:00
まで
実施 0195-33-2211
一戸子供の家
保育園
80人 7:00〜
18:00
19:00
まで
実施 実施 0195-33-2859
町立鳥海保育所 80人 7:30〜
18:30
19:30
まで
実施 0195-32-2220
町立小鳥谷保育所 45人 7:30〜
18:30
19:30
まで
実施 0195-34-2524
町立奥中山保育所 90人 7:30〜
18:30
19:30
まで
実施 0195-35-2319

※詳しくは、各保育所または、健康福祉課 児童班(電話0195-32-3700)まで問い合わせください。

受付期間・受付場所

  • 期間 : 平成29年1月16日(月)〜平成28年1月20日(金)
  • 場所 : 一戸町総合保健福祉センター 健康福祉課 児童班

途中入所の方は随時受け付けしますが、提出書類をそろえていただく際に日数を要する場合がありますので、入所希望日の2週間前までに申し込みください。

入所の手続きなど

入所申請書などは、健康福祉課(総合保健福祉センター内)、各保育所にありますので、あらかじめご記入の上、関係書類と一緒に当日提出してください。

手続きに必要な書類など

  • 入所申込書、支給認定申請書
  • 印鑑
  • 平成28年1月2日以降に転入した人は、平成28年度分の所得課税証明書(平成28年1月1日の住所地の市町村役場から父母の分を交付してもらってください)
  • 就労証明書など
  • 常勤、パートの方は、勤務先の就労証明書
  • 内職の方は、就労状況申告書に会社などの証明
  • 自営業・農業などの方は、就労状況申告書に民生委員の証明
  • 保護者の疾病・病人の看護などの方は、医師の診断書、または介護申告書に民生委員の証明
  • 求職中の方は、届出書とハローワークカード(写し)

保育料について

保護者などの所得税、住民税により決定します。詳しくはお問い合わせください。

その他

  • 入所する保育所、入所日は希望に沿えない場合があります。
  • 他市町村の保育所、認定こども園に入所を希望する方も、健康福祉課への申請が必要です。(ただし、入所希望先の他市町村が広域入所制度を実施していない場合は、入所できません。)

問い合わせ先

各保育所または、健康福祉課 児童係 電話:0195-32-3700(内線617)

児童館

児童館の入所要件

入所できる年齢は3歳以上ですが、年度途中で3歳に達する児童も受け付けします。(ただし、入所は3歳に達した月の翌月から)

児童の健康上の理由から保育ができないと判断された場合は、入所できないことがあります。

児童館概要

名称 定員 保育時間 電話
鳥越児童館 50人 8:30〜16:00 0195-33-2211
中里児童館 50人 8:30〜16:00 0195-33-2859
摺糠児童館 50人 8:30〜16:00 0195-32-2220

※詳しくは、各児童館または、健康福祉課 児童班(電話0195-32-3700)までお問い合わせください。

申請に必要なもの

印鑑、保険証など(家族全員の生年月日のわかるもの)

保育料について

徴収はしませんが、児童の保育に必要な諸経費(給食費、おやつ代、父母の会費など)は、保護者の負担となります。

その他

  • 入所児童の減少により、運営できなくなる施設も考えられます。
  • その際は、ほかの施設に入所していただく場合もありますので、ご理解の上、申請ください。

問い合わせ先

各児童館または、健康福祉課 児童班 電話:0195-32-3700

入学に関する手続き

小中学校の入学および転入学の手続きについて

小学校の入学

  • 11月ころに、満6歳になる児童が入学予定の小学校で就学時健康診断を行いますので、必ず受診してください。(案内は、入学予定の小学校を通して送付されます。)
  • 1月下旬ころに入学予定小学校への入学通知書を送付します。入学予定小学校から入学説明会の案内があります。
※上記通知書などの記載事項に誤りや異動による変更が生じた場合は、一戸町教育委員会学校教育課までご連絡ください。また、期間に通知書が届かない場合も早急に届け出てください。

中学校の入学

  • 1月下旬ころに入学予定中学校への入学通知書を送付します。入学予定中学校から入学説明会の案内があります。
※上記通知書などの記載事項に誤りや異動による変更が生じた場合は、一戸町教育委員会学校教育課までご連絡ください。また、期間に通知書が届かない場合も早急に届け出てください。

町外からの転入手続き

  1. 前市町村で転出の届けをする。
  2. 前市町村の在学校で「在学証明書」、「教科書給与証明書」の交付を受ける。
  3. 一戸町役場(または各支所)税務町民課で転入の届出をする。
  4. 新住所が決まったら、学校教育課で「転入学の届出」をする。
  5. 「転入学の届」をしたら、交付された「在学証明書」、「教科書給与証明書」を持参の上、なるべく同日中に転入を指定された学校にて手続きをする。

町内での転居手続き

転居により学校区が変わらない時

一戸町役場(または各支所)税務町民課で、転居の届出をする。(学校教育課へは届出不要)

転居により学校区が変わる時

  1. 一戸町役場(または各支所)税務町民課で転居の届出をする。
  2. 新住所が決まったなら、学校教育課で「転入学の届出」をする。
  3. 「転入学の届出」をしたら、交付された「在学証明書」、「教科書給与証明書」、を持参の上、なるべく同日中に転入を指定された学校にて手続きをする。

就学する学校の変更手続き

一戸町内での就学校変更

一戸町内で転居などをし、学校区が変わる場合でも事情により通学区域の学校へ通うのが難しい時、一定の要件を満たし、保護者からの申請を教育委員会が認めた場合、就学校を変更することができる。

一戸町外からの就学校変更

一戸町外に住民登録がある場合、また町外へ転出したものの町内の学校への就学を希望する時、一定の要件を満たし、保護者からの申請を教育委員会が認めた場合、就学変更(区域外就学変更)をすることができる。

隣接する適正規模校への就学校変更

  • 複式・小規模校の学区を緩和し、それぞれの児童生徒にあった教育と適正規模校の維持推進を図るなど、全体的な教育の活性化を図るため、小規模校(小学校5学級、中学校3学級未満の学校)に在籍する児童生徒および当該学校に就学予定の児童生徒で、隣接する適正規模校に転入学を希望する場合、指定校の変更ができることとしています。
  • 審査にあたっては、地域の歴史や児童生徒、個々の特殊事情、保護者の意向に配慮しています。

問い合わせ先

一戸町教育委員会 学校教育課 電話:0195-33-2111(内線502)

学童保育の利用

学童クラブの入所要件

入所できる児童は、小学校下校後などに児童を保護する者がいない勤労世帯などの低学年児童とする。(ただし、町長が必要と認めた場合には、高学年児童も入所できるものとする)

児童の健康上の理由から保護ができないと判断された場合は、入所できないことがあります。

学童クラブ概要

名称 定員 平常日
保護時間
小学校休業日
保護時間
電話
一戸学童クラブ 50人 児童の下校時
〜18:15
8:00〜18:15 0195-32-3795
一戸南学童クラブ 40人 児童の下校時
〜18:15
8:00〜18:15 0195-33-4250
小鳥谷学童クラブ 30人 児童の下校時
〜18:15
8:00〜18:15 0195-34-2524
奥中山学童クラブ 45人 児童の下校時
〜18:15
8:00〜18:15 0195-35-3151

※定員を超える場合は、学年および保護者の事情を考慮して優先順位を決めますので、入所できない場合もあります。ご理解の上、申請してください。

申請に必要なもの

印鑑(申請書に家族の構成や年齢、勤務先などを記入していただきます。)

休業日

日曜日、祝祭日、お盆、年末年始

利用料等

学童クラブの利用料は、月額2,000円(世帯で2人目以降は月額1,000円)です。その他に、おやつ代、父母の会会費などを負担していただきます。

問い合わせ先

各学童クラブまたは、健康福祉課 児童班 電話0195-32-3700

奨学金制度

一戸町育英会奨学生について

一戸町では、町内に居住する人の子弟で経済的理由により修学が困難な優良学生を対象に育英会奨学生を募集し、採用決定者に対して奨学金の貸与を行っています。

公益信託田村清蔵記念奨学生について

公益信託田村清蔵記念奨学基金は、故田村清蔵氏(歯科医師・一戸町出身)が「一戸町出身の学生の奨学に」との思いから設定されたものです。町内に居住する人の子弟で学業優秀、品行方正、かつ経済的理由により就学困難と認められる人の中から田村清蔵記念奨学生として採用された人に対して奨学金が給付しています。

問い合わせ先

一戸町教育委員会 学校教育課 電話:0195-33-2111(内線502)

就学援助費

就学援助費について

一戸町では、経済的な理由により就学困難と認められる児童生徒の保護者に対して、児童生徒が義務教育を円滑に受けることができるよう学用品費などを助成する就学援助を実施しています。

問い合わせ先

一戸町教育委員会 学校教育課 電話:0195-33-2111(内線502)

子ども手当て

認定請求

「子ども手当認定請求」は、早めに手続きをしてください。平成23年10月分からの子ども手当を受け取るためには、これまで手当を受けていた人も含め、改めて認定請求の申請が必要です。まだ、認定請求が済んでいない人は、早めに手続きをしてください。(公務員は、勤務先へ申請となります)

さかのぼり子ども手当を受給できる経過措置

平成23年10月1日現在、一戸町に住民登録がある方で支給要件に該当する人は、平成24年3月31日までに手続きをしてください。そうすると、平成23年10月分にさかのぼって手当を受給することができます。しかし、平成24年3月31日を過ぎると、申請月の翌月分からの支給となります。

例:平成24年4月に手続きをすると、平成24年5月分からの支給となります。(平成23年10月分には、さかのぼりません)

※平成23年10月1日以降に、他市町村から転入した人と、新たに子どもが生まれた人は、さかのぼることができません。

問い合わせ先

健康福祉課 電話:0195-32-3700(内線618)

児童扶養手当

児童扶養手当とは

父母の離婚などで父または母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭の生活安定と自立の促進、子どもの福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当です。 また、母子家庭などを支給対象としていた児童扶養手当は、制度の改正により2010年8月から父子家庭も対象となりました。 なお、手当額や請求方法は母子家庭などを支給対象としていた児童扶養手当と同じです。 認定の請求をすれば、支給要件に該当した月の翌月から支給します。

対象になる人

児童扶養手当は、次に揚げる児童を養育している母または父に代わってその児童を養育している人が、一定の要件を満たしている場合に支給されます。

  • 父と母が離婚した児童(届出をしていない事実上の婚姻関係を解消した場合も含みます。)
  • 父(母)が死亡した児童
  • 父(母)が重度の障がいの状態にある児童(国民年金法の1級または身体障害者手帳の1〜2級程度)
  • 父(母)が3カ月以上生死不明である児童
  • 父(母)が1年以上同居せず、かつ生計を維持しないで遺棄している児童
  • 父(母)が1年以上刑務所などに収容されている児童
  • 婚姻によらないで生まれた児童(未婚の母の子など)
  • 父母があるかないか明らかでない児童(孤児,棄児など)

対象にならない人

  • 児童が父または母の死亡により公的年金給付を受けられる場合(遺族年金)
  • 手当を受けようとする人が公的年金給付を受けられる場合(老齢福祉年金は除く)
  • 児童が父(母)に支給される公的年金給付の額の加算対象になっている場合(障害年金)(ただし、児童扶養手当額が障害基礎年金の子の加算額を上回る場合においては、児童扶養手当を受給することができます。)
  • 児童が児童福祉施設に入所している場合
  • 児童が里親に委託されている場合

支給期間

認定の請求があった翌月分から18歳に達した日以後の最初の3月分まで

児童1人 児童2人 児童3人以上
支給額
(月額)
全部支給:41,550円
一部支給:41,540円〜9,810円
(所得額に応じて決定されます)
児童1人の金額に5,000円を加算 児童2人の金額に、3人目以降の児童1人につき3,000円を加算

認定の請求のしかた

直接窓口で認定請求をしてください。

1.請求場所

健康福祉課(一戸町総合保健福祉センター内)

2.受付時間

8:30 〜 17:30 (土日祝日を除く)

3.必要なもの

  1. 戸籍謄本(請求者本人のもの)
  2. 戸籍謄本(児童のもの)
    ※請求者と児童が同一戸籍のときは必要ありません。
  3. 児童扶養手当用所得証明書(請求者本人と同一住所に住む直系親族(父・母・子など)および兄弟)(1〜6月中の申請の場合は前年の1月1日、7〜12月中の申請の場合は今月の1月1日の住所が一戸町以外であった場合、所得証明書の提出が必要です。)
  4. 年金手帳
  5. 健康保険証(請求者本人と児童のもの)
  6. 請求者本人名義の預金通帳
  7. 印鑑
  8. その他(請求者本人と児童が別居している場合や手当の支給要件によって、必要な書類があります。)

手当の支払い

  • 手当は認定の請求のあった月の翌月分から支払われます。
  • 支払いは4ヵ月ごとに金融機関への口座振込で行われます。
手当の支払い月日 8月11日 12月11日 4月11日
支払われる手当 4、5、6、7月分 8、9、10、11月分 12、1、2、3月分

(手当の支払月日が金融機関の休業日にあたる場合は、直前の平日が支払月日となります。)

※父子家庭の支給要件に該当している人の12月11日(H22年度は12月10日になります)支払い分は、認定の請求を10月29日までに行われた人のみが対象になります。それ以降に認定の請求をした人は支払日が若干遅れます。

現況届

現況届は毎年8月1日時点における状況を届けてもらうことで、児童扶養手当を引き続き受給できるかどうか確認するものです。 毎年8月に現況届用紙を送付し、8月中に提出していただきます。 提出がないと8月分以降の手当を支払いできません。

所得制限について

手当を請求する本人または扶養義務者の所得が一定額以上のときは、手当額の全部または一部の支給を停止します。(扶養義務者とは、申請者本人と同じ住所に住む直系親族(父・母・祖父母・子など)および兄弟姉妹をいいます。)

・所得制限限度額表

扶養親族
などの数
本 人 扶養義務者、孤児など
の養育者、配偶者
全部支給 一部支給
0人 19万円 192万円 236万円
1人 57万円 230万円 274万円
2人 95万円 268万円 312万円
以降1人につき 38万円を加算 38万円を加算 38万円を加算

確認する所得は次のとおりです。

申請する月 確認する所得
1月〜6月 前々年の所得
7月〜12月 前年の所得

問い合わせ先

健康福祉課 児童班 電話:0195-32-3700

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは

精神または身体に障がいのある20歳未満の児童を扶養している 父母、または養育者に支給される手当です。

対象となる児童

1.1級障害

身体障害者手帳1,2級または療育手帳Aを持っている人、および同程度の障がいがある人

2.2級障害

身体障害者手帳3,4級の一部または、療育手帳Bの一部、および同程度の障がいのある人

受給できない人

制限以上の所得がある人や、対象児童が施設に入所している人。

手当額

月額 1級 50,550円、2級 33,670円(2011年4月現在)

支給方法

4月、8月、11月に預金口座に振り込まれます。

必要書類など

  1. 請求者および児童の戸籍謄本(全部事項証明書)
  2. 世帯全員分(分離世帯含む)の住民票(本籍・続柄が記載されているもの)
  3. 診断書(所定の様式。身体障害者手帳または療養手帳Aを持っている人は省略できる場合があります)
  4. 世帯全員分(分離世帯含む)の児童扶養手当等要所得・課税証明書(省略できる場合があります)
  5. 印鑑
  6. 手当振込先口座申出書
  7. その他必要な書類(詳しくは下記へ問い合わせください)

手続き先および問い合わせ先

健康福祉課 児童班 電話:0195-32-3700