トップページ>予防接種

定期予防接種(乳幼児)

予防
接種名
該当月齢
(公費負担
月齢)
実施月 町で設定する接種開始時期 接種の方法
(回数・間隔)
Hib(ヒブ)
(インフルエンザ菌b型)
生後2カ月〜
5歳未満
通年 生後2カ月〜
3カ月
初回:27〜56日までの間隔をおいて3回

追加:初回3回目の接種後7〜13カ月の間隔をおいて1回
小児肺炎球菌 生後2カ月〜
5歳未満
通年 生後2カ月〜
3カ月未満
初回:27日以上の間隔をおいて3回

追加:生後12〜15カ月の期間に初回3回目の接種後60日以上の間隔をおいて1回
B型肝炎(注1) 生後2カ月〜
12ヶ月未満
通年 生後2カ月〜
3カ月
@27日以上の間隔をおいて2回

A第1回目の接種後139日以上の間隔をおいて1回
BCG 12カ月未満 通年 生後5カ月〜
6カ月
生後5〜12ヵ月未満の時期に1回
百日咳・
ジフテリア・
破傷風・
不活化ポリオ
(四種混合)
生後3カ月〜
90カ月未満
通年 初回 生後3カ月以上 初回:20〜56日以上の間隔をおいて3回

追加:初回3回目の接種後12〜18カ月後に1回
追加 初回接種(3回目)終了後
12〜18カ月おいて
水痘(注2) 生後12カ月〜
36カ月未満
通年 1回目 生後12カ月以上 1回目→生後12カ月〜15カ月未満の時期に1回

1回目→1回目接種後3カ月〜12カ月の間隔をおいて1回
2回目 1回目接種後3カ月以上
麻しん風しん
第1期
生後12カ月〜
24カ月未満
通年 生後12カ月〜
24カ月未満
生後12〜24ヵ月未満の時期に1回
麻しん風しん
第2期
5歳〜
7歳未満(平成30年3月31日まで)
H23.4.2〜H24.4.1生 5歳以上7歳未満(小学校就学前まで)の時期に1回
日本脳炎
1期
生後6カ月〜
90カ月未満
6月・7月
10月・11月
初回 H25.4.2〜H26.4.1生 初回→6〜28日までの間隔をおいて2回
追加 H24.4.2〜H25.4.1生 追加→初回2回目の接種後概ね1年後に1回

※ 平成26年12月から三種混合ワクチンの販売が中止となりました。接種が完了していない方には、現在、四種混合ワクチンでの対応となっております。

※ 3種混合ワクチンを受けた方で不活化ポリオの接種が完了していない場合は担当までご相談ください。

注1)母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は健康保険が適用されるため対象にはなりません。

注2)水ぼうそうにかかったことのある場合は対象にはなりません。


PDF版(161KB)

問い合わせ先

 一戸町総合保健福祉センター
 健康福祉課 保健班 電話0195-32-3700(内線609・613)

サイトトップへ

定期予防接種(小学生以上)

予防
接種名
対象月齢
(公費負担
月齢)
実施
予定月
町で設定する接種時期 接種の方法等
(回数・間隔)
日本脳炎
1期
H7.4.2〜
H19.4.1のうち20歳未満の方
7月・8月 H7.4.2〜H18.4.1生のうち20歳未満の方 平成17年5月30日から平成22年3月31日までの積極的な勧奨の差し控えにより接種時期を逃した方を対象
日本脳炎
2期
H12.4.2〜H13.4.1生(高校2年生相当)
H19.4.2〜H20.4.1生(小学4年生)
9歳〜13歳未満
ジフテリア
・破傷風
(二種混合)
11〜13歳未満 7月・8月 H17.4.2〜H18.4.1生(小学6年生) 11歳に達した時から12歳に達するまでの期間を標準的な接種期間として1回
HPV
(ヒトパピローマウイルス)
※H26.7.1現在、接種を積極的にお勧めしておりません。詳細は「子宮頸がん予防ワクチン」をご覧ください
小学6年〜
高校1年の
女子
5月〜 接種なし 【2価(サーバリックス)】 1月以上の間隔をおいて2回接種したあと、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月以上おいて1回 【4価(ガータシル)】 1月以上の間隔をおいて2回接種した後、2回目の接種から3月以上おいて1回

※ 公費負担月齢に該当する方で接種を希望される場合、接種費用の補助がありますので下記までご連絡ください。

※ 対象者へは接種時期になりましたら個別通知しています。通知内容に従って受けられますようお願いいたします。

※ 実施医療機関以外での接種を希望される方は担当までご相談ください。


PDF版(186KB)

問い合わせ先

 一戸町総合保健福祉センター
 健康福祉課 保健班 電話0195-32-3700(内線609・613)

サイトトップへ

実施医療機関(定期予防接種)

Hib(ヒブ)、小児肺炎球菌、B型肝炎、BCG、百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ(四種混合)、水痘、麻しん風しん1期、HPV ふくもりたこどもクリニック
日本脳炎1期・2期、ジフテリア・破傷風(二種混合) 小鳥谷診療所
いちのへ内科クリニック
奥中山高原クリニック
日本脳炎1期、HPV以外可 松井内科医院

問い合わせ先

 一戸町総合保健福祉センター
 健康福祉課 保健班 電話0195-32-3700(内線609・613)

サイトトップへ

インフルエンザ予防接種

一戸町では、高齢者以外の方がインフルエンザ予防接種を行った際の、費用の一部を助成します。個人通知はありません。任意の予防接種になりますので、接種を希望される方は医師と相談のうえ、受けてください。
概要は以下のとおりです。詳細な内容については、下記のファイルをご確認ください。
  ・高齢者以外に対するインフルエンザ予防接種
  ・高齢者以外に対するインフルエンザ予防接種 申請書
また、高齢者の方については こちらのリンク先 をご覧ください。

対象者

一戸町民で次に当てはまる方
  1. 生後6か月から小学6年生の人
  2. 中学生以上から高校生相当の人
  3. 19歳以上60歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる機能障害により身体障害者手帳(1種1級〜4級)の交付を受けている人
  4. 60歳以上65歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる機能障害により身体障害者手帳(1種2級〜4級)の交付を受けている人
    ※60歳以上65歳未満の人で、身体障害者手帳(1種1級相当)の交付を受けている方はこちらのリンク先 の対象となります。
  5. 妊婦(出産後は対象外となります)

助成期間

平成29年2月28日まで

助成回数

生後6か月から小学6年生の人 1人2回
  中学生以上             1人1回

実施場所

○生後6ヶ月から接種可能
  ふくもりたこどもクリニックアレルギー科、奥中山高原クリニック、県立二戸病院(二戸市)

○1歳から接種可能
  松井内科医院、いちのへ内科クリニック、齋藤産婦人科医院(二戸市)

○7歳から接種可能な医療機関
  小鳥谷診療所

○高校生以上から接種可能)
  県立一戸病院、二戸クリニック(二戸市)

助成額

1回当たり3,000円を助成します。
  医療機関が定める接種料金から3,000円を差引いた額が自己負担金です。ただし、生活保護世帯に属する方は自己負担金が免除になります。

接種を受けるにあたって

一戸町インフルエンザ予防接種予診票は県立病院以外の指定医療機関又は一戸町総合保健福祉センターにある指定のものを使用してください。

注意事項

高校生相当までの方は母子健康手帳を持参し、必ず保護者同伴で接種を受けてください。

指定医療機関以外で接種を希望する場合

特別な事情により,指定医療機関以外で予防接種を希望する場合,一戸町長から接種医療機関へ「予防接種実施依頼書」の提出が必要です。 申請・発行の手続きは,一戸町総合保健福祉センター、奥中山支所で受け付けます。なお,即日発行はできませんので,余裕をもって申請してください。 また,接種後の発行はできませんので,必ず接種前に申請をしてください。

問い合わせ先

一戸町総合保健福祉センター
健康福祉課 保健班 電話0195-32-3700 内線608
サイトトップへ

任意(成人)

大人の風しん及び麻しん風しん混合ワクチン接種費用の一部を助成します。
  妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。
  耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど、赤ちゃんがそのような生まれつきの病気にならないよう、子どもだけでなく大人も風しんの予防接種を受けることをご検討下さい。
  特に、昭和54年4月2日〜平成7年4月1日生まれの男女は接種率が低く、昭和54年4月1日以前生まれの男性は子どもの頃に定期接種のチャンスがありませんでした。

対象者

  1. 平成7年4月1日以前に生まれた女性で妊娠を予定または希望している方
  2. 風しん抗体を十分に保有せずに(風しん抗体価検査のHI抗体価が16倍以下)妊娠している女性の夫
 ※県の補助事業で風しん抗体検査が無料で受けられます。詳しくはこちら(岩手県HP) をご覧ください。

助成額

  1. 麻しん風しん混合ワクチン接種= 5,000 円
  2. 風しん単抗原ワクチン接種= 3,000 円
 ※どちらか一方で、一人1回のみ
 ※ただし、生活保護世帯の方は接種費用全額を助成します。

助成の受け方(接種の受け方)

 平成26年4月1日から平成27年3月31日に接種したものに関して助成額分の払い戻しを行います。
  1. 希望する医療機関で予防接種を受け、費用を支払う
  2. 下記の手順で払い戻しの手続きを受ける

申請場所

 一戸町総合保健福祉センター

持ち物

  • 印鑑、領収書、振込先の分かるもの(口座名義が接種を受けた方のもの)
  • 予防接種名および接種を受けた日、医療機関名が記載されたもの(接種済証、母子健康手帳、予診票など)
上記に加えて
  • 対象者(2)の人は、妻の母子健康手帳
  • 生活保護世帯の人は、休日夜間等受診手帳

申請受付期間

 平成27年3月31日まで

問い合わせ先

 一戸町総合保健福祉センター
 健康福祉課 保健班 電話0195-32-3700 内線608

サイトトップへ

高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

一戸町では,高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種導入に伴い,肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し,重症化を防ぐことを目的に予防接種を実施いたします。 今までこのワクチンを受けたことがない方を対象に,一人1回定期接種の機会を設けています。対象となる年度において生涯一度のみ,公費負担で予防接種を受けることができます。 概要は以下のとおりです。詳細な内容については、下記のファイルをご確認ください。
  ・高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種
  ・高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種 申請書

対象者

一戸町民で次に当てはまる方
  1. 平成28年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
  2. 60歳以上65歳未満で心臓・腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する者およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する身体障害者手帳1級である人。
※ただし、過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受けたことがある方は対象外です。

助成額

5,000円
  医療機関が定める接種料金から5,000円を差引いた額が自己負担金です。ただし、生活保護世帯に属する方は自己負担金が免除になります。

接種を受けるにあたって

個別通知しております平成28年度一戸町高齢者肺炎球菌予防接種申請書にて申請が必要になります。申請の窓口は一戸町総合保健福祉センターになります。申請を受け一戸町高齢者肺炎球菌予防接種予診票及び説明書を発行いたします。

指定医療機関以外で接種を希望する場合

特別な事情により,指定医療機関以外で予防接種を希望する場合,一戸町長から接種医療機関へ「予防接種実施依頼書」の提出が必要です。 申請・発行の手続きは,一戸町総合保健福祉センター、奥中山支所で受け付けます。なお,即日発行はできませんので,余裕をもって申請してください。 また,接種後の発行はできませんので,必ず接種前に申請をしてください。

接種場所

○一戸町
 県立一戸病院(内科外来)、いちのへ内科クリニック、松井内科医院、小鳥谷診療所、奥中山高原クリニック、ふくもりたこどもクリニック・アレルギー科

○二戸市
 県立二戸病院(かかりつけ医になっている方のみ)

 ※事前に予約が必要です。

申込締切

平成29年3月31日まで

問い合わせ先

 一戸町総合保健福祉センター
 健康福祉課 保健班 電話0195-32-3700 内線608

サイトトップへ

高齢者に対するインフルエンザ予防接種について

一戸町では、高齢者の方がインフルエンザ予防接種を行った際の、費用の一部を助成します。個人通知はありません。任意の予防接種になりますので、接種を希望される方は医師と相談のうえ、受けてください。
概要は以下のとおりです。詳細な内容については、下記のファイルをご確認ください。
  ・高齢者に対するインフルエンザ予防接種
  ・高齢者に対するインフルエンザ予防接種 申請書
また、高齢者以外の方については こちらのリンク先 をご覧ください。
  寒くなるこれからの季節、インフルエンザの流行が心配されますので、予防接種を受けられるようお勧めします。

対象者

一戸町民で次に当てはまる方
  1. 接種日に65歳に達した人で、インフルエンザ予防接種の内容について理解し意思確認ができる人
  2. 60歳以上65歳未満の人で一定の心臓、腎臓、呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる機能障害のある人(※身体障害者手帳(1級相当)の交付を受けている方)

実施場所

 下記の医療機関で接種できますが、医療機関により接種の開始時期が異なります。また、予約が必要な医療機関もありますので、事前に医療機関に連絡し受診するようにしてください。 電話番号等は こちらのファイル を参照ください。。

○一戸町
 県立一戸病院、いちのへ内科クリニック、松井内科医院、小鳥谷診療所、奥中山高原クリニック、ふくもりたこどもクリニック・アレルギー科

○二戸市
 県立二戸病院、おりそ内科・循環器クリニック、川村医院、菅整形外科・皮膚科クリニック、齋藤産婦人科医院、すがわら消化器内科、千葉耳鼻咽喉科医院、二戸クリニック、藤田内科、 よこもり眼科クリニック、二戸市国民健康保険 金田一診療所、二戸市国民健康保険 浄法寺診療所、カシオペア医院

○軽米町
 県立軽米病院、中村医院、むらかみ医院 いたみのクリニック、小野寺クリニック

○九戸村
 県立二戸病院付属九戸地域診療センター

○岩手町
 さわやかクリニック、北上脳神経外科クリニック、岩手沼宮内クリニック、佐渡医院

実施時期

 平成29年2月28日まで

助成額

1回当たり3,000円を助成します。
  医療機関が定める接種料金から3,000円を差引いた額が自己負担金額です。 ただし、生活保護世帯に属する方は自己負担金が免除になります。

接種を受けるにあたって

接種を希望される方は、接種を受ける前に個別に送付しているインフルエンザ予防接種説明書をお読みください。また、同封されている高齢者インフルエンザ予防接種予診票に必要事項(太枠内)を記入し医療機関に持参ください。

指定医療機関以外で接種を希望する場合

特別な事情により,指定医療機関以外で予防接種を希望する場合,一戸町長から接種医療機関へ「予防接種実施依頼書」の提出が必要です。 申請・発行の手続きは,一戸町総合保健福祉センター、奥中山支所で受け付けます。なお,即日発行はできませんので,余裕をもって申請してください。 また,接種後の発行はできませんので,必ず接種前に申請をしてください。

問い合わせ先

 一戸町総合保健福祉センター
 健康福祉課 保健班 電話0195-32-3700 内線608
サイトトップへ