トップページ>浄化槽

お知らせ


今年度の町設置型浄化槽の設置申請受付は9月末日をもちまして終了いたしました。次年度の受付は来年度4月から9月末日までとなります。

■問い合わせ先 水環境課  電話:0195−33−2111(内線 228)


浄化槽とは


合併処理浄化槽とは

 ○単独処理浄化槽と合併処理浄化槽のちがい
  浄化槽には、単独処理浄化槽と合併処理浄化槽の2種類があり
  ます。

  その違いは・・・ 
      単独処理浄化槽・・し尿(トイレからの汚水)のみを処理する浄化槽。
                       (原則として現在は新規に設置することはできません)
      合併処理浄化槽・・し尿と生活雑排水(フロ、台所などからの汚水)を
                         併せて処理する浄化槽。



 ○合併処理浄化槽のしくみ



 ○下水道に負けない処理能力
  合併処理浄化槽の処理能力はBOD除去率90%以上・処理水質
  はBOD20mg/g以下で、これは公共下水道や農業集落排水処
  理施設などと同程度です。
  生活排水のひとり一日当たりのBOD負荷量は40g
  (し尿13g+生活雑排水27g)です。
  合併処理浄化槽のBOD除去率は90%以上ですので、BOD負
  荷量を1/10以下に減少させることができます。


生活排水の処理形態によるBOD排出量の違い
※BODとは?  「生物化学的酸素要求量」といわれるもので、水中で主に有機物質  が微生物の働きで分解されるときに消費される酸素量のことで、  mg/g で表し、数値が大きいほど汚濁物質も多いことになりま  す。これに水量(g/日)を乗じたものを、BOD量・BOD負荷  量(g/日)といいます。  ○短期間・省スペースで設置できます   浄化槽本体の設置工事は約2週間程度で完了します。   また、乗用車1台分のスペースがあれば設置できます。 ■問い合わせ先  水環境課  電話:0195−33−2111

浄化槽設置を考えている方へ


○町設置型
公共下水道・農業集落排水の処理区域や計画区域以外 にお住まいで、浄化槽の設置を考えている方は平成15年度から始まった 「生活排水処理施設整備事業」をご利用ください。 この事業は、町が各家屋に合併処理浄化槽を設置し、工事後の管理も町で行うものです。
  なお、浄化槽設置工事については、申し込みがあってから完成に至るまで、通常2〜3ヶ月ほどの期間を要しますので、工事期間を勘案のうえ来年度の申し込みをお願いします。(特に建物の新築または増改築にあわせ、浄化槽設置を行う場合には注意が必要となります。)   

■問い合わせ先
 水環境課  電話:0195−33−2111(内線 225,227,228)

浄化槽事業のしくみ(町設置型・生活排水処理施設整備事業)


町設置型浄化槽について

 設置工事・管理は町が行います。
 浄化槽本体の設置は、町が責任をもって行います。
 町が設置するのは、下の図の「町」の部分(浄化槽本体・コンク
 リート基礎など)です。
 皆様が工事する部分は、下の図の「個人」の部分(宅内外の配管
 など)です。この工事は、必ず一戸町指定の排水設備指定工事店
 に依頼してください。

 設置後に必要な、法定検査の手続きや、保守点検(年4回)や薬品
 の補充、汚泥の引き抜きなどの浄化槽の管理も町が行います。

  ■個人負担について  この事業で浄化槽を設置する場合の、個人負担は次のとおりです。  ○宅内外の配管、トイレなどの改修費用(町がその資金の融資を   あっせんし、利子を補給するための制度があります。ぜひご利用   ください。詳しくはこちら。)  ○設置する場所に庭木などの支障物件があり、移転・撤去する必要   がある場合の費用  ○家屋の立地条件等により各種付帯工事が必要な場合の工事費  ○浄化槽の上を駐車場として使用する場合に必要な工事費  ○分担金(設置後に一度だけお支払いいただきます)  ○使用料(毎月お支払いいただきます) ■手続きについて  @融資予約申込書の提出(融資の利用を希望する場合)   申請者(設置を希望する方)が、町に予約申込書を提出します。    A浄化槽設置申請書の提出   申請者が、町に申請書を提出します。    B決定通知書   町が、申請書を審査後、設置承認決定通知書を送付します。    C工事の発注   町が、浄化槽工事の発注をします。    D工事の準備   工事を受注した業者が現地調査し、申請者と協議のうえ、工事   計画書を作成します。  E浄化槽設置用地使用貸借契約の締結   申請者の土地に浄化槽を設置するため、申請者と町が無償で土地   使用貸借契約を締結します。  F工事の施工   工事を受注した業者が浄化槽設置工事をします。  G工事の完了・検査引渡   工事が完了すると、町が検査をし、浄化槽が使えるようになりま   す。    H使用開始届の提出   申請者が行う、宅内外の配管工事(浄化槽への接続工事)が完了   後、申請者が町に使用開始届を提出します。  I分担金の支払い   設置した浄化槽の人槽に基づき、申請者が、町に分担金を納めま   す。分担金について詳しくは下記の分担金と使用料をご覧下さい。  J使用料の支払い   設置した浄化槽の人槽に基づき、申請者が、町に使用料を毎月   納めます。使用料について詳しくはこちら。(生活排水処理施設   使用料の方です。)  K浄化槽の維持管理   町が、清掃業者などに委託して維持管理や法定検査の手続きを   行います。 ■問い合わせ先  水環境課  電話:0195−33−2111

分担金と使用料(町設置型)


分担金と使用料について
 ○分担金制度の趣旨
  浄化槽は、設置工事をした人しか利用できません。この点で、
  不特定多数が利用できる道路や公園などと異なります。
  そして、浄化槽が使えるようになるとトイレの水洗化や台所など
  の汚水が衛生的に排水できて、生活がより快適になります。
  このように浄化槽による利益を受けることに対して負担をしてい
  ただくのが、分担金です。(一戸町では、標準工事費の約1割を
  分担金の金額としています。)
  分担金は、浄化槽設置後に一度だけお支払いいただきます。


 ○分担金の額
  分担金の額は、皆様のお宅に設置した浄化槽の人槽により次の
  ようになります。
  浄化槽の人槽は、家屋の延べ床面積などにより異なります。
   (おおむね一般家庭では、延べ床面積が130uまでなら5人槽、
   130uを超えると7人槽となります。)
人槽区分 標準事業費 分担金の額
5人槽 882,000円 94,000円
6人槽〜7人槽 1,104,000円 110,000円
8人槽〜10人槽 1,495,000円 140,000円
11人槽〜15人槽 2,191,000円 215,000円
16人槽〜20人槽 2,937,000円 327,000円
21人槽〜25人槽 3,491,000円 409,000円
26人槽〜30人槽 4,271,000円 474,000円
31人槽〜40人槽 4,743,000円 550,000円
41人槽〜50人槽 5,993,000円 632,000円
51人槽以上 別に定める。 別に定める。

 ○浄化槽使用料
  毎月の浄化槽の使用料です。料金表はこちら。


■問い合わせ先
 水環境課  電話:0195−33−2111
   

水洗化改造資金融資あっせん(町設置型)


水洗化改造資金融資あっせんおよび利子補給制度

目 的 町が融資をあっせんし、利子を補給することにより、水洗化工
事の負担を軽減し、水洗化の促進を図ります。
融資対象者 一戸町が融資適格と認め、かつ銀行が融資を認めた個人。
新築家屋に係る工事は対象外となります。
・町税および生活排水処理施設分担金を滞納していないこと。
・連帯保証人を1人有すること。
・当該年度に設置した町設置型浄化槽に接続する改造工事であること。
貸出金額 ・一般住宅
  一戸につき100万円以内(1万円単位)
・共同住宅
 一世帯につき60万円以内(1万円単位)
期 間 5年以内
返済方法 元金均等月賦返済
(返済日は、債務者が希望する毎月一定日。)
連帯保証人 生計を異にする者で、町税および生活排水処理施設分担金を滞納しておらず、かつ、保証金額以上の年収がある方1名以上です。
町外に住所を有する連帯保証人の場合は、当該住所地の市町村税を滞納しておらず、保証金額以上の年収があることが条件となります。
取 扱 店 岩手銀行一戸支店、東北銀行一戸支店、盛岡信用金庫一戸支店、新岩手農協奥中山中央支所および一戸支所
利子補給 利子全額補給。償還期日を経過した融資に係る利子は借入者の負担となります。
■問い合わせ先
 水環境課  電話:0195−33−2111

浄化槽に関するFAQ(町設置型)


■事業内容関係 ■融資あっせん関係 ■排水設備工事関係
 
■生活排水処理施設使用料関係 ■生活排水処理施設分担金関係
 
■指定工事店関係  ■浄化槽使用方法関係 
           
           
                 
町設置型浄化槽に関する疑問、質問をまとめました。
わからない点は水環境課までお問い合わせください。

■事業内容関係
質 問 回 答
浄化槽の人槽はどのように算定するのですか? 家屋の延べ床面積などにより算定されます。
おおむね一般家庭では、130u(約40坪)以下であれば5人槽、それを越えると7人槽になります。
新築家屋と既設家屋を1つの浄化槽に接続することはできますか? 現在の制度では、新築家屋と既設家屋のそれぞれに1基の浄化槽が必要となります。
今年度に浄化槽を設置したいのですが? 年度の設置の申込は毎年9月末で締め切りますので、早めの申込をお願いします。
来年度に浄化槽を設置したいのですが? 来年度の予約申請は随時受付していますので、ご連絡ください。
浄化槽の上部を駐車場として使用できますか? 浄化槽を補強することにより可能です。この補強にかかる費用は、個人負担となります。

■融資あっせん関係
質 問 回 答
融資を受ける際の条件はありますか? ・町税、生活排水処理施設分担金を滞納していないこと(申請者、連帯保証人)
・生計を異にする連帯保証人(町外でも可)を1人有すること
・当該年度に設置した浄化槽に接続する水洗化工事であること
などが条件となります。
詳しくは「水洗化改造資金融資あっせんおよび利子補給制度について」をごらんください。
融資の概要は? 一般住宅は100万円、アパートなど共同住宅は1世帯につき60万円以内。5年以内に返済。利子は町が負担。利用できる金融機関は、岩銀、東銀、信金の一戸支店、新岩手農協の町内支所です。
改造資金の借入条件として年収の上限はありますか? 上限はありません。

■排水設備工事関係
質 問 回 答
宅内の工事は自分でできますか? 宅内の工事については、資格のある指定業者でなければなりません。
浄化槽に接続する水洗化工事への補助金はありますか? 補助はありませんが、水洗化工事費の融資をあっせんし、その利子を町が負担する制度を設けています。詳しくはこちら
排水設備工事は、1mあたりいくらという単価がありますか?
役場で決めた単価はありますか?
町で定める単価はありません。業者によって様々です。
このことから、複数社から見積を取って比較検討されるようお勧めします。

■生活排水処理施設使用料関係
質 問 回 答
使用料はいくらですか? 設置する浄化槽の人槽によって異なります。5人槽では、4,970円/月、7人槽では、5,400円/月となります。
使用料は毎月定額なのですか? そのとおりです。

■生活排水処理施設分担金関係
質 問 回 答
分担金はいくらですか? 設置する浄化槽の人槽によって異なります。5人槽では94,000円、7人槽では110,000円となります。
分担金の支払時期はいつですか? 町が施工する浄化槽設置工事が完成後、納付書を発行することになりますので、そのときになります。
分担金は毎年支払うのですか? 浄化槽を設置した年度のみです。

■指定工事店関係
質 問 回 答
どの業者を選べばよいでしょうか? 複数社から見積を取ってその中から選ぶことをお勧めします。
指定工事店の技術は信頼できますか? 指定工事店は資格を持っている技術者を有しており、町も責任を持って審査し指定しているので信頼できます。
指定工事店の名簿の中から選ばなければないのでしょうか? そのとおりです。指定店以外の他の業者では工事できません。

■浄化槽使用方法関係
質 問 回 答
旅行等で家を留守にする場合、どうしたらよいですか? 送風機(ブロワ)の電源は切らないでください。電源を切ってしまうと、浄化槽内の微生物が酸素不足で死滅し、異臭が発生します。
入浴剤の使用は、浄化槽に影響があるのでしょうか? 通常の入浴剤は、特に影響はないと思われます。しかし、イオウ分が入った入浴剤は、浄化槽の部材の腐食等の原因になるおそれがあるので、使用を控えたほうが良いと思います。
浄化槽の保守点検とはなんでしょうか? 適正な維持管理を行うために、機械装置の点検・調整を行ったり、汚泥の状況を確認し、清掃時期の判定や消毒剤の補充を行います。町が資格ある業者に委託して、点検を行っています。
浄化槽の法定検査とはなんでしょうか? 浄化槽が適正に維持管理され、本来の浄化機能が発揮されていることを、水質試験などを行って確認する検査です。
毎年、町は検査を受けています。
浄化槽の耐用年数は? 浄化槽本体(躯体)は30年以上、機器設備は7〜15年です。
浄化槽から臭いがするのですが? 浄化槽からの臭いは無臭というわけにはいきませんが、臭いが強いときには、水環境課へ連絡してください。また、浄化槽は微生物の働きで浄化しています。微生物が死んでしまうような、大量の油や有害物質などが流入すると、浄化機能が低下し、臭いが発生してくる場合がありますので、適切な利用を心がけてください。
浄化槽が壊れたのですが? 浄化槽が動いていない、ブロワが壊れたときなどの故障は、水環境課へ連絡してください。