トップページ>ペットについて

飼い犬の登録・解除

犬の登録と解除

  • 新しく犬を飼う場合は、登録(生涯1回登録)が必要です。
     水環境課生活環境係へ届け出てください。また、犬が死んだ場合も生活環境係または各支所へ届け出てください。(印鑑、愛犬手帳、登録証、注射済み票を持参してください)。
  • 引越しなどで犬の飼い主の住所が変わった場合は、新しい市町村への届出が必要です。
  • 犬の所有者が変わった場合も変更届が必要です。

犬や猫が迷子になったら

  • 県内の保護動物情報の提供が開始されました
     県内の保健所が保護した動物に関する情報を、県庁県民くらしの安全課ホームページ「岩手県内の動物保護情報」で提供しています。
     県内11カ所の保健所および支所が、「収容日」「収容場所」「動物種別」「大きさ」などの情報を写真とともに提供していますので、迷子になったペットをお探しの方は、下記のホームページをご活用ください。
     なお、いなくなった直後は情報が更新されていない場合がありますので、その際は二戸保健所まで直接お問い合わせください。
○ホームページ:岩手県内の保護動物情報

○電話でのお問い合わせ
 県庁県民くらしの安全課 電話:019-629-5270 
 または二戸保健所(二戸保健福祉環境センター) 電話:0195-23-9206
 

そのほか

  • 犬や猫などを飼うときは、他人に迷惑や危害を加えないよう愛情と責任を持って正しく飼いましょう。
  • 犬小屋の回りは常に清潔にしましょう。
  • 散歩などで外に連れ出すときは、糞の後始末ができるように、ごみ袋や新聞紙を持って出掛けてください。
  • 犬の放し飼いはやめましょう。野犬や放し飼いの犬を見つけたら二戸保健所に連絡してください。
  • 飼っている犬が人をかんだ時、または犬にかまれた時は二戸保健所に連絡してください。

問い合わせ先

 二戸保健所(二戸保健福祉環境センター) 電話:0195-23-9206

予防注射

狂犬病は、人畜共通感染症(人も動物も同じく感染する病気)の中で最も恐ろしい病気といわれています。

この恐ろしい狂犬病が発生しないように「狂犬病予防法」により飼い犬の登録と狂犬病予防注射の接種が義務づけられています。

生後91日以上の犬は毎年1回、予防接種が必要です。すでに登録済みの場合は案内通知を送付します。鑑札(登録証)、狂犬病予防注射済票は、必ず犬に付けておいてください。


○平成28年4月の日程については、こちら(pdf 344KB)をご覧ください。

問い合わせ先

 水環境課 電話:0195-33-2111(内線226)

飼育できなくなった場合

原則として老齢や病気が理由による引き取りはできません。親族や近所、知り合い等、新しい飼い主を探してください。
  どうしても飼い続けることができない場合には、二戸保健所で予約を行った場合に限り、二戸保健所抑留所で引き取ります。(有料)
  現地の引き取りは行いません。

引取り方法

 事前連絡による予約制のため、二戸保健所へ連絡をしてください。

持参するもの

  • 鑑札及び注射済票、手帳(犬の場合)
  • 印鑑
  • 身分証明書(免許証・保険証等)
  • 岩手県収入証紙(生後90日以上の犬・猫 2,000円、生後90日以下の犬・猫 400円)

問い合わせ先

 二戸保健所(二戸保健福祉環境センター) 電話:0195-23-9206